おいしそうな写真で売り上げアップ! SNS映えのこつ伝授

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
料理の撮影方法などを紹介しているガイドブック
料理の撮影方法などを紹介しているガイドブック

 日本政策金融公庫(日本公庫)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている飲食店を支援しようと「写真の撮り方ガイド」を制作した。会員制交流サイト(SNS)への投稿を念頭に消費者の関心を引いたり、料理がおいしそうに見えたりする撮影方法を解説。県内の飲食店にも活用してもらうことで売り上げアップにつなげてもらいたい考えだ。

 ガイドブックはプロのカメラマンの監修を受けて制作した。特別な機材ではなく、スマートフォンを使った撮影方法を紹介している。料理がおいしそうに見える写真は、被写体に当てる光の方向が重要だとし「半逆光」での撮影を推奨。SNS用の写真はアップで撮ると、目に留まりやすいことなどを説明している。「順光」や「逆光」など光の当たり具合によって写り方がどう異なるかが分かるような写真も掲載している。

 また、売り上げをアップさせるためには客数、客単価を上げる方法があるとし、客単価を上げるための写真は、レフ板を使用し、商品に高級感が出るような工夫が必要だとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 805 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース