さきがけ政経懇話会:オリンピックはどうなる?どうする?

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐野慎輔さん
佐野慎輔さん

 秋田さきがけ政経懇話会の6月例会が18日、秋田市の秋田ホテルで開かれた。尚美学園大教授で笹川スポーツ財団理事の佐野慎輔さん(67)が「オリンピックはどうなる?
 どうする?」と題して講演した。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が議論となっている東京五輪について「コロナ禍で五輪の抱える問題があらわになった。今後も五輪が同じ形で残っていくのか、試されるだろう」との考えを示した。

 冒頭、五輪種目以外の競技を集めた国際大会・ワールドゲームズが2001年に本県で開催されたことに触れ「後に五輪種目となった7人制ラグビーなどもあった。国際大会が秋田で開かれ、成功したことは意義深かった」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1114 文字 / 残り 820 文字)

秋田の最新ニュース