はじめての家庭菜園:うどんこ病・わき芽、生育不良の原因に

有料会員向け記事
お気に入りに登録

うどんこ病になり、葉の一部が白くなったズッキーニ

 異変は突然現れた。苗を植えて7日目。ズッキーニの葉の表面が、小麦粉を振りかけたように白くなっていた。「うどんこ病」だった。白くなった葉を取り除き、感染が広がらないよう「重曹スプレー」を作って吹きかけた。専用の薬剤もあるが、重曹を薄めた液体(重曹1グラムに対して水1リットル)を植物全体に霧吹きで散布してもいいという。

 ミニトマトはぐんぐん成長中。茎の長さを計ると、10日で25センチ伸びたものもあった。最も太い茎の先が支柱から離れてしまったので、茎の上部を支柱にひもで結び付けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 903 文字 / 残り 662 文字)

秋田の最新ニュース