2年ぶりの全国懸け熱戦 学童野球県大会、組み合わせ決まる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県潟上市で26日に開幕する第41回全日本学童軟式野球県大会(県軟式野球連盟、秋田魁新報社主催、県教育委員会、潟上市など後援、日本マクドナルド特別協賛)の組み合わせ抽選会が19日、秋田市文化会館で開かれた。昨年の大会は新型コロナウイルスの影響で中止されており、2年ぶりの開催となる。

 大会には14地区の代表22チームが出場。長沼、元木山両球場で26、27日に1、2回戦、7月3日に準々決勝と準決勝、4日は長沼球場で決勝、東北大会代表決定戦をそれぞれ行う。優勝チームは全国大会(8月16~22日・新潟県)、準優勝と3位は東北大会(7月31日、8月1日・福島県郡山市)に進む。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 557 文字 / 残り 269 文字)

秋田の最新ニュース