井上尚弥、挑戦者ともに計量パス ボクシング防衛戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前日計量を終え、挑戦者マイケル・ダスマリナス(右)と向かい合う井上尚弥=18日、ラスベガス(共同)
前日計量を終え、挑戦者マイケル・ダスマリナス(右)と向かい合う井上尚弥=18日、ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)は18日、米ネバダ州ラスベガスで19日(日本時間20日)に行われる防衛戦の前日計量に臨み、リミットの53・5キロで、一発でパスした。IBF1位の挑戦者、マイケル・ダスマリナス(フィリピン)は53・2キロだった。

 見守った大橋秀行会長は「コンディションはばっちり。おごり、油断の部分というのは全くない」と万全さを強調した。