「中小企業接種に支援を」 全国知事会で佐竹知事が要望

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久知事は19日、全国知事会のウェブ会議に県庁から参加し、中小企業が行う新型コロナウイルスワクチンの職場接種について国の支援強化を求めた。

 職場接種は政府が申請を受け付けており、会場ごとに千人以上の対象者がいることが要件の一つとなっている。佐竹知事は、中小企業が千人を集めるために同業種や近隣の企業と共同で接種する場合、自前の会場がないこともあると指摘。「会場費や事務経費の負担に関して国の支援をお願いしたい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 306 文字 / 残り 93 文字)

秋田の最新ニュース