下浜の魅力は? 外壁塗り替え前の駅舎、小中生が寄せ書き

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
駅舎の外壁に寄せ書きをする下浜小児童
駅舎の外壁に寄せ書きをする下浜小児童

 秋田市の下浜小学校と下浜中学校の全校児童生徒62人が、JR下浜駅の駅舎外壁に下浜地域の魅力を寄せ書きした。JR秋田支社は老朽化に伴う外壁の塗り替え作業を7月2日から予定しており、それまでの間は見ることができる。

 寄せ書きを提案したのは列車運転士の柴田英亮さん(30)。業務中に駅舎の外壁が傷んでいることに気付き、ただ修繕するだけでなく、地元の人と協力して何かできないかと考えたという。

 寄せ書きは11日に行った。午前中は下浜小児童39人が参加。「うみがキラキラしてきれいだよ」「しもはまのゆうひはさいこうだよ」などと、それぞれが考えた下浜の魅力を白いペンを使って壁に直接書き込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 515 文字 / 残り 223 文字)

同じジャンルのニュース