双子兄弟、水泳計6種目でV 能代山本中学総体

会員向け記事
お気に入りに登録

 能代山本中学校総合体育大会の水泳競技が19日、能代市民プールで開かれ、能代二中3年の双子の兄弟・白鳥魁生(かいせい)選手と航生(こうせい)選手が計6種目で優勝した。好タイムを出したものの互いに反省点に言及。全国大会での上位進出という目標に向け、今後も刺激し合いながら、練習に励む考えだ。

全国大会で上位を目指す双子の兄弟・白鳥魁生選手(左)と航生選手


 兄の魁生選手は、400メートルと1500メートルの自由形に出場。弟の航生選手は、100メートルと200メートルの背泳ぎにエントリーした。共に400メートルのメドレーリレーとフリーリレーにも出場し、2人合わせて6種目を泳いだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 746 文字 / 残り 489 文字)

秋田の最新ニュース