もぎ取った1勝喜ぶ、3校合同チーム 本荘由利中学総体

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の西目サッカー場で19日に開かれた本荘由利中学校総合体育大会のサッカーで、唯一の合同チームとして出場した金浦・本荘東・大内が1勝した。20日のトーナメント戦出場はかなわなかったものの、1人きりで練習を続けてきた大内2年の伊藤輝太選手は勝利の喜びをかみしめた。

3校合同で試合に臨んだ金浦・本荘東・大内のメンバー


 大内のサッカー部員は昨年度まで4人いたが、先輩1人が卒業、同級生2人が退部し、現在在籍しているのは伊藤選手のみ。一時期は辞めることも考えたが「海外でプレーできるような選手になりたい」との夢を諦めたくなかったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 953 文字 / 残り 707 文字)

秋田の最新ニュース