サッカーゲームで高校生ら9組熱戦、eスポーツ県代表決定戦

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
出場者は白熱した試合を繰り広げた
出場者は白熱した試合を繰り広げた

 コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の都道府県対抗選手権の秋田県代表決定戦が20日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。年齢制限がないオープンの部と高校生の部に計9チーム18人が出場し、サッカーゲームで激しい攻防を繰り広げた。

 出場者は2人一組のチームをつくり、ゲームソフト「ウイニングイレブン2021」で対戦。高校生の部は2チーム、オープンの部は7チームがエントリー。トーナメント方式で代表の座を争った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 610 文字 / 残り 397 文字)

秋田の最新ニュース