食べるのはもったいない?! アスパラの“虹”が出現

会員向け記事
お気に入りに登録

 「まるで畑に虹がかかったようでした」。秋田県大仙市下深井の木村幸子さん(64)は今月上旬、自宅の畑で不思議な形のアスパラを見つけた。

 5、6本の茎がくっついて伸び、湾曲して先端が地面に向かっていたという。幅5センチ、厚さ1センチほど。木村さんは家庭菜園で野菜を育てておりアスパラは20年近く作っているが「こんな形は初めて見た」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 315 文字 / 残り 147 文字)

同じジャンルのニュース