時代を語る・藤井けい子(14)中学生の喜びに感激

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
和光中の生徒たちと自宅玄関でおやつ(右端)。左端は夫=昭和57年
和光中の生徒たちと自宅玄関でおやつ(右端)。左端は夫=昭和57年

 昭和57(1982)年10月にわが家で農作業を体験をしたのは、東京・町田市の和光中学校の生徒たち。男2人、女3人の班を2日間受け入れ、稲刈りと野菜の収穫をしてもらいました。この時の和光中の修学旅行は総勢160人でした。

 前の年はいまひとつ楽しくなかったので、私たち夫婦は「けがをせず無事に過ごしてくれたらいい。今年もよくなかったら、もうやめよう」と、それほど期待はしていませんでした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 559 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース