ノイバラの白い花、「生薬の里」美郷に咲く 寺の裏手で生産

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
等心寺の裏手にある庭で白い花をつけているノイバラ
等心寺の裏手にある庭で白い花をつけているノイバラ

 秋田県美郷町金沢西根の等心寺の裏手で、町が生薬として生産拡大を目指すノイバラの白い花が咲き、訪れた人を楽しませている。

 寺を管理する百目木廣海(どめき・ひろみ)さん(74)は2018年、町が生産者を募っていることを知り栽培を始めた一人。現在は約40アールを一人で手掛けており、昨年は数十キロを出荷したという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 412 文字 / 残り 257 文字)

同じジャンルのニュース