医療従事者の接種、本県は7月中旬完了 全国的に終了にめど

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への接種に関し、37都道府県が6月28日の週までに2回目が「完了する」もしくは「完了済み」であることが20日、共同通信の調査で分かった。このうち福井、愛媛など8県は18日までに完了。2月中旬の開始から約4カ月半で全国的に終了の見通しが立った。4月から高齢者との並行接種が続いていたが、医師ら約480万人の接種完了にめどがつき、打ち手の確保にも弾みがつきそうだ。

 接種が終わっていない都道府県に完了予定を尋ねると「6月21日の週」が10県、「6月28日の週」が17道府県。東京、熊本も6月中完了を見込む。

 一方、「7月5日の週」としたのが滋賀など5府県。「7月12日の週」が秋田。最も遅かったのは青森と兵庫の「7月19日の週」だった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 970 文字 / 残り 634 文字)

秋田の最新ニュース