佐竹知事「住民にわび入れて」 イージス停止1年、防衛省に要請へ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は21日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画停止を受けた住民説明会を行うよう、防衛省側に改めて申し入れる考えを示した。「住民にわびを入れ、区切りを付けてほしい。これがないと締まりがない」と述べた。

 陸上自衛隊新屋演習場への配備計画の停止を政府が県と秋田市に直接説明してから、21日で1年。当時約束した地元住民への説明の場は設けられていない。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 451 文字 / 残り 262 文字)

同じジャンルのニュース