日米韓、対話解決へ協力で一致 対北朝鮮、拉致も協議

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
21日、ソウル市内で協議に臨む(左から)米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長、外務省の船越健裕アジア大洋州局長(共同)
21日、ソウル市内で協議に臨む(左から)米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長、外務省の船越健裕アジア大洋州局長(共同)

 【ソウル共同】日米韓3カ国の北朝鮮担当高官が21日、ソウルで非核化問題について協議した。韓国外務省によると、3者は北朝鮮との速やかな対話再開を通して朝鮮半島の完全な非核化などが進展するよう3カ国の協力を続けていくことで一致した。日本外務省は、拉致問題解決に向けた理解と協力を改めて要請し、米韓両国の支持を得たと発表した。

 協議で、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は北朝鮮に「前提条件なしにいつでもどこでも会うという私たちの呼び掛けに、肯定的に応じることを望んでいる」と呼び掛けた。

 一方で、国連安保理の制裁決議の履行継続に言及、圧力を続ける意向も表明した。