羽越・奥羽新幹線実現なら… 秋田→東京間2時間23分

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 フル規格の羽越、奥羽両新幹線の整備促進に向け、秋田県など沿線県の担当者でつくる「羽越・奥羽新幹線関係6県合同プロジェクトチーム(PT)」は21日、費用対効果の調査結果を公表した。整備が実現した場合、奥羽新幹線を経由する秋田―東京間は2時間23分、羽越新幹線の秋田―新潟間は1時間1分で結ばれると推計。一方、整備費用は最大で5兆3500億円に上るとした。

 調査結果によると、秋田―東京間の所要時間は現行の秋田新幹線こまち利用時に比べて1時間14分短縮するほか、秋田―新潟間は特急いなほの利用時より2時間29分短縮。秋田―山形間は42分(2時間41分短縮)で結ばれる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 709 文字 / 残り 426 文字)

秋田の最新ニュース