県展、特賞14人決まる 7部門計1406点を審査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 第63回県美術展覧会(県展)の作品審査が21日行われ、日本画、洋画、彫刻、工芸、書道、写真、デザインの7部門で計14人が特賞に選ばれた。応募数は1406点。奨励賞は81点、入選は733点に上った。秋田魁新報社、県、県教育委員会、秋田市でつくる県展委員会の主催。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 658 文字 / 残り 527 文字)

同じジャンルのニュース