「支援金34億払う」と詐欺メール 秋田市の男性2万円被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田中央署は22日、秋田市の60代男性が架空請求詐欺に遭い、電子マネー利用権2万円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、同日、男性の携帯電話に「今すぐに2万円のお手続きをお願いします」「お手続きの確認が取れれば、出会い系サイトを強制追放されている5人の女性を助けることができます」「その後、あなたには支援金を34億円支払います」などと記載されたメールが届き、支払いを要求された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 317 文字 / 残り 124 文字)

秋田の最新ニュース