県庁の職場接種に知事慎重 「迷惑掛けずやれるかは検討」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、佐竹敬久知事は23日、秋田県職員を対象とした職場接種の実施に慎重な姿勢を示した。ワクチン接種に当たる県内の医療従事者の数は限られるとして、「ほかの方に迷惑を掛けると困る。迷惑を掛けない方法でやれるかは検討している」と述べた。県庁で取材に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 232 文字 / 残り 88 文字)

秋田の最新ニュース