中国、コロナ調査けん制 NZと外相会談

お気に入りに登録

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は22日、ニュージーランドのマフタ外相とオンラインで会談し、「新型コロナウイルスの起源について政治問題化すべきではない」と強調した。起源に関する独立調査の必要性を主張するオーストラリアに同調しないようけん制した形。中国外務省が発表した。

 ニュージーランドとオーストラリアは5月、統制強化が進む香港や中国新疆ウイグル自治区の人権状況への懸念を共有した。王氏は会談で「人権や民主を守っているかを判断する権利があるのは当事国の人々だ」と主張した