川反・大町地区で感染広がる 18~22日に計15人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の繁華街川反・大町地区にある飲食店の従業員や客の間で新型コロナウイルスの感染が広がっている。18日から22日までに7店舗の経営者と従業員、客合わせて15人の陽性が確認された。

 同一店舗から5人以上の感染者が出るクラスター(感染者集団)は起きていない。市は「現時点では知人の間での感染であり、経路は特定できている」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 522 文字 / 残り 356 文字)