飲食店のワクチン共同接種、24日から募集 ドリームリンク

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
職場接種の実施について会見するドリームリンクの村上社長(右)と県医師会の小玉会長
職場接種の実施について会見するドリームリンクの村上社長(右)と県医師会の小玉会長

 外食チェーンのドリームリンク(秋田市)は、24日から新型コロナウイルスワクチンの職場接種を希望する秋田県内飲食店の応募受け付けを始める。先着順とし、希望者が千人集まった時点で国への申請準備を進める。

 村上雅彦社長が23日、秋田市内で会見し、県医師会の支援を得て打ち手となる医療従事者を確保できたと説明。「不特定多数の人と接する飲食店従業員は危険にさらされており、感染への不安が大きい。ワクチン接種の進展が感染防止と経済を回すきっかけになる」と話した。

 対象は18歳以上の飲食店経営者や社員、パート、アルバイトら働く人全て。希望する事業者の代表者はドリームリンクのホームページ(HP)に設けた専用サイトにある申し込みフォームに入力して申請する。1回の接種当たり2千~3千円の実費負担を求める。

秋田の最新ニュース