「秋田愛」を共有、拡散 首都圏拠点4団体がSNSネット

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインの設立総会でカメラに向かって「いいね」のポーズを取る参加者=東京・平河町の県東京事務所
オンラインの設立総会でカメラに向かって「いいね」のポーズを取る参加者=東京・平河町の県東京事務所

 首都圏を拠点に会員制交流サイト(SNS)などで活動する秋田ゆかりの4団体が24日、県東京事務所と共に情報発信組織「首都圏あきたSNSネットワーク」を立ち上げた。秋田の魅力や情報を共有し、連携して発信するのが目的。オンラインで設立総会を開き、各団体が古里の盛り上げを図っていくことを誓い合った。

 同ネットを構成する▽フェイスブック(FB)秋田県人会(会員約1万7千人)▽WE LOVE AKITA(同約4800人)▽あきた・いざたん(同約1万6千人)▽首都圏秋田県人会連合会(同約1万3千人)―の4団体と、事務局を担う県東京事務所から計17人が参加。同事務所には、県PRメディアプロデューサーを務める放送作家の元祖爆笑王さん(能代市生まれ)も駆け付けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 696 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース