岡山・真備の主要公共施設が復旧 豪雨3年、文化施設で式典

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
文化施設「マービーふれあいセンター」で演奏する和太鼓グループ「吉備真備太鼓」のメンバー=24日午前、岡山県倉敷市真備町地区
文化施設「マービーふれあいセンター」で演奏する和太鼓グループ「吉備真備太鼓」のメンバー=24日午前、岡山県倉敷市真備町地区

 2018年7月の西日本豪雨で浸水した岡山県倉敷市真備町地区の文化施設「マービーふれあいセンター」が、被災から3年を前に復旧工事を終え、再開を記念する式典が24日に行われた。市によると、同地区で被災した主な公共施設は全て復旧した。

 式典では伊東香織市長が「住民たちの触れ合いを築く場になってほしい」とあいさつ。地元の和太鼓グループ「吉備真備太鼓」などが演奏を披露して祝った。

 吉備真備太鼓はセンターで和太鼓を保管していたが、水に漬かって使えなくなり、寄付を募って修繕した。センター内の音楽ホールも浸水被害に遭ったが復旧した。