行方不明のコロナ患者は釈放中 薬物事件で逮捕、大阪

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=24日午後、大阪府庁
取材に応じる大阪府の吉村洋文知事=24日午後、大阪府庁

 新型コロナウイルス感染のため大阪市内のホテルで宿泊療養中に行方不明になった20代男性が、薬物事件で大阪府警に逮捕され釈放された後に療養に入ったことが24日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府の吉村洋文知事は同日、警察に協力を求めて捜索する考えを示した。男性は22日に不在が確認され、6階の窓から外に出たとみられる。

 吉村氏は府庁で記者団に「本人は発熱症状もなく軽症のようだが、人にうつるので本当にやめてもらいたい」と苦言。「本人のためにも、感染を広げないためにも、ホテル療養というルールをつくっている。趣旨を理解し、無断外出はやめてほしい」と強調した。