競泳金の岩崎恭子さん沼津に凱旋 「国立で聖火点灯願う」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
静岡県沼津市を走る聖火ランナーの岩崎恭子さん=24日夜
静岡県沼津市を走る聖火ランナーの岩崎恭子さん=24日夜

 東京五輪の聖火リレーは24日午後も静岡県で続き、1992年バルセロナ五輪競泳の金メダリスト岩崎恭子さん(42)が、故郷の沼津市を走った。

 岩崎さんは走行後のイベントで「29年前は金メダル獲得後に市内をパレードした」と思い出を披露。聖火ランナーとして凱旋できたことを「大変うれしく思う」とし、「7月23日に国立競技場で聖火が無事ともることを願っています」と締めくくった。

 5人制サッカー(視覚障害)でパラリンピック出場が見込まれる田中章仁さん(43)は「こんな競技があるということを多くの人に知ってもらいたくて」リレーに参加。笑顔で焼津市を走った。