ウガンダ濃厚接触、市職員ら8人 大阪・泉佐野の選手団合宿

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着し、宿泊先のホテルに入る東京五輪のウガンダ代表選手団=20日
ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着し、宿泊先のホテルに入る東京五輪のウガンダ代表選手団=20日

 大阪府泉佐野市は24日、東京五輪の事前合宿で同市に滞在し新型コロナウイルス感染判明者が出たウガンダ代表選手団と行動を共にした市職員や民間人ら7人が、泉佐野保健所から濃厚接触者と認定されたと発表した。選手団以外の合宿関係者で、濃厚接触者とされたのは計8人となった。

 泉佐野市によると、追加認定されたのは、成田空港に19日に来日した選手団が20日に同市へ移動する際に同行した7人。内訳は市職員3人、貸し切りバスの運転手2人、添乗員2人。泉佐野保健所は、選手団の中で23日に陽性が判明した1人との濃厚接触に当たると判断した。