「35億振り込まれている」 50代女性が詐欺被害

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警由利本荘署は24日、由利本荘市の50代女性が架空請求詐欺被害に遭い、電子マネー利用権3千円分をだまし取られたと発表した。

 署によると今月14日、女性がスマートフォンに届いたメールのURLをクリックすると、「35億円が振り込まれている」「ゴールドキャッシュカード発行には3千円分のポイント追加が必要」などとサイトに書かれていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 272 文字 / 残り 104 文字)

秋田の最新ニュース