北秋田市発ブランド木製テーブル製作 イベントで販売へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 北秋田市のJR鷹ノ巣駅前にいずれも事務所などを構える若手経営者有志が、ブランド「TANOC(タノック)」第2弾の製品として木製テーブルを作った。それぞれデザインと材料供給、加工を担当した。あす26日に鷹ノ巣駅前で開くイベント「サニーサタデーズ」で1点を展示、販売し、注文も受け付ける。

 作ったのは円形のローテーブル(高さ38センチ、直径90センチ)。山桜の無垢(むく)材と合板を組み合わせ、無垢材の質感と軽さを両立させた。ちゃぶ台などとして使うことができる。TANOCのロゴも入れる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1026 文字 / 残り 783 文字)

秋田の最新ニュース