横手市ワクチン接種、12~15歳も対象 7月に接種券郵送

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市役所(資料写真)
横手市役所(資料写真)

 秋田県横手市は25日、64歳以下を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種について、12~15歳の児童生徒にも対象を拡大することを決め、7月15日に接種券を郵送すると発表した。16~64歳の一般接種と同様、集団接種か、個別接種を選んでもらう。学校での集団接種は行わない。

 市は今月18日の記者会見で12~15歳の接種について「状況を見ながら対応を決める」としていたが、今週に入って文部科学省から通知があり「12~15歳の接種に問題がないことが確認された。通知に従って準備を進める」とした。通知には学校での集団接種を控えるよう求める記載もあり、当初の予定通り学校以外で接種を行うこととした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 805 文字 / 残り 509 文字)

秋田の最新ニュース