県立大、メール誤送信で学生の個人情報漏えい

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県立大学は25日、体調不良を訴えた学生の名前や症状を記したメールを、誤って本荘キャンパスの全学生1142人に一斉送信し、個人情報を漏えいさせたと発表した。職員が宛先を十分に確認しなかったことが原因。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 388 文字 / 残り 286 文字)

秋田の最新ニュース