64歳以下の一般接種9月完了へ、秋田市 平日夜間も対応

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 64歳以下を対象とした新型コロナウイルスワクチンの一般接種について、秋田市は25日、9月中に希望者への接種を完了できる見込みだと明らかにした。8月から本格的に接種を始め、平日の夜間にも接種できるようにする。また今月28日から、高齢者の集団接種会場である秋田大医学部体育館とJR秋田駅東口を結ぶシャトルバスを運行する。

 同日開かれた市ワクチン接種推進対策本部(本部長・鎌田潔副市長)の会合で明らかにした。

 一般接種のクーポン券は7月下旬以降に一斉送付し、8月から接種を始める。最初は基礎疾患のある人のみ予約できる期間を設ける。高齢者と同様、集団接種と個別接種を並行して進める計画。6カ所の集団接種会場では日中に加え、平日の午後6時半から9時の夜間にも接種できるようにする方針。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 642 文字 / 残り 304 文字)

秋田の最新ニュース