日本の総人口、1億2622万人 86万人減、世界11位に後退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京都心と富士山
東京都心と富士山

 総務省は25日、国勢調査の速報値を発表した。2020年10月1日時点の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、15年の前回調査から約86万8千人減った。減少率は0・7%。国連推計によると日本の人口は世界で11番目となり、比較可能な1950年以降、初めて上位10カ国に入らなかった。地域別に見ると38道府県で人口が減る一方、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)は80万8千人増え、人口偏在も進んだ。

 総人口は15年に国勢調査として初の減少を記録。減少率は0・8%だった。今回は外国人の増加などで、減少率はわずかに改善した。