床亜矢可さん海沿い快走 静岡3日目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
静岡県伊東市を走る聖火ランナーの床亜矢可さん=25日午前
静岡県伊東市を走る聖火ランナーの床亜矢可さん=25日午前

 東京五輪の聖火リレーは25日、静岡県で3日目を迎えた。伊東市では、アイスホッケーで2014年ソチ、18年平昌の両冬季五輪に出場した床亜矢可さん(26)が、ヤシの木が並ぶ海沿いの道を、集まった観客に会釈を繰り返しながら笑顔で駆け抜けた。

 この日は、幕末に完成し、大砲鋳造に用いられた世界文化遺産の韮山反射炉(伊豆の国市)や、黒船を率いて上陸したペリー提督が歩いた道といわれる「ペリーロード」(下田市)などを巡るコース。

 静岡県でのリレーはこの日が最終日。26日からは山梨県で実施する。