首相「発言は長官の見解」 天皇陛下、懸念拝察に

お気に入りに登録

 菅義偉首相は25日、東京五輪・パラリンピック開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されていると、宮内庁の西村泰彦長官が「拝察」していると発言したことについて「長官本人の見解を述べたと理解している」と記者団に語った。

 加藤勝信官房長官も同日の記者会見で「西村氏は会見で宮内庁長官の考えを問われ、あくまでも自身の考えを述べた」と重ねて指摘した。発言について憲法上の問題はないとの認識も示した。陛下の開会式での宣言については、関係者間で調整中だとした。