業務停止、最長180日間に 医薬品巡る不正、処分強化

お気に入りに登録

 福井県あわら市の小林化工や富山市の日医工など、ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーで不正が相次いだことを受け、厚生労働省が医薬品医療機器法に基づく業務停止命令の期間を、最長110日間から180日間に引き上げる方針を固めたことが25日、関係者への取材で分かった。処分を強化することで再発防止を図る狙い。

 関係者によると、同法に基づく業務停止命令は国と都道府県が出すことができる。都道府県は国の基準と別に、独自に最長期間を設けており、福井県は116日間とするなどそれぞれ異なっている。このため厚労省は引き上げに合わせて、上限を国の基準に合わせることも求める。