米グーグル、履歴の追跡制限延期 広告会社が影響懸念

お気に入りに登録

 米グーグルは25日までに、自社のインターネット閲覧ソフト「クローム」で、利用者のサイト閲覧履歴を第三者が追跡できる機能を制限する時期を2023年後半まで延期すると発表した。当初は来年初めにも、この機能への対応をやめる計画だったが、広告会社が影響を懸念し、英当局などが調査していた。

 グーグルは昨年1月、プライバシー保護の一環として「クッキー」と呼ばれるサイト閲覧履歴を第三者が利用する機能を2年以内に停止する計画を発表。この機能は利用者の好みや関心に合わせて配信するターゲティング広告に活用されている。

 グーグルの担当幹部は「時間がもっと必要」と説明した。