7~9月全国的に厳しい暑さか 気象庁、雨は平年並み

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京・銀座で日傘を差して歩く人たち=11日午後
東京・銀座で日傘を差して歩く人たち=11日午後

 気象庁は25日、7~9月の3カ月予報を発表した。暖かい空気に覆われやすく、気温は北日本、東日本、沖縄・奄美で高く、西日本は平年並みか高くなる見通し。例年にも増して熱中症をはじめとする暑さ対策が欠かせない夏になりそうだ。降水量は全国的にほぼ平年並みの見込み。各月の予報は次の通り。

 ▽7月 北日本と東日本の日本海側は平年より曇りや雨の日が多い。東日本太平洋側と西日本は前半、曇りや雨の日が多く、後半は晴れの日が多い。

 ▽8月 北日本の天気は数日周期で変わるが、平年よりも晴れの日が多い。

 ▽9月 東日本と西日本は平年より晴れの日が多い。