脇本一・潟西など2回戦へ、学童野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【勝平―矢島】7回表、矢島の村上稟空が最後の打者を見逃し三振に仕留め雄たけびを上げる=長沼球場
【勝平―矢島】7回表、矢島の村上稟空が最後の打者を見逃し三振に仕留め雄たけびを上げる=長沼球場

 第41回全日本学童軟式野球秋田県大会(県軟式野球連盟、秋田魁新報社主催、県教育委員会、潟上市など後援、日本マクドナルド特別協賛)第1日は26日、潟上市の長沼球場と元木山球場で1回戦計6試合を行った。脇本一・潟西(男鹿)、矢島(本荘由利)、八郎潟(南秋田)、田沢湖(仙北)、追分(潟上)、岩城(本荘由利)が2回戦に勝ち上がった。27日は両球場で2回戦計8試合を行い、8強が出そろう。

【長沼球場】
脇本一・潟西 8―1 長城
 (五回コールドゲーム)
矢島     3―2 勝平
八郎潟    7―6 三輪山田

【元木山球場】
田沢湖  5― 2 稲川
追分  11―10 旭栄
(延長八回タイブレーク)
岩城   7― 5 柴平


イニングスコアはこちらから
試合日程・結果:学童野球県大会2021|秋田魁新報電子版

秋田の最新ニュース