ブラウブリッツ、ひと味違う戦いぶり 状況打開の攻めに課題

有料会員向け記事
お気に入りに登録

ブラウブリッツ、ホームで相模原とドロー サッカーJ2

 秋田は後方からじっくりパスをつないで攻め上がったり、敵陣ゴール前ではコンビネーションで打開を試みるなど、これまでとはひと味違う戦いを見せた。

 DFラインの引きが速く、自陣ゴール前で5バック気味で守る相模原の攻略を狙った。得意とする速攻を繰り出すには秋田に分が悪い状況だった。

 相手や戦況から選択した「遅攻」に加え、秋田はフィジカルの強さが光るFW吉田伊吹を今季初めて先発で起用。FW齋藤恵太との相性は上々で、ボールをキープしてためをつくる狙い通りのプレーを見せた。吉田と2トップを組んだ齋藤は「良い形で(吉田に)ボールが収まる場面を多く引き出すことができた」と振り返った。

【秋田―相模原】後半、右サイドでボールをキープする秋田の吉田=ソユースタジアム


 ただこの攻め方で押し込んだ前半にゴールは生まれなかった。敵陣深くでのコンビネーションの精度はまだまだ改善点が多い。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 633 文字 / 残り 262 文字)

秋田の最新ニュース