北秋田市の三セク・マタギ社、2年ぶり黒字 補助事業を活用

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県北秋田市の第三セクター「マタギの里観光開発」(仲澤弘昭社長)の定時株主総会が25日、同市の打当温泉マタギの湯で開かれ、当期純利益317万円を計上した2020年度決算案を承認した。黒字は2年ぶり。累積損失は1億8169万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 324 文字 / 残り 209 文字)

秋田の最新ニュース