あきた舞妓もSDGs推進 アンバサダー就任

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内で活動するあきた舞妓(まいこ)と芸者の3人が25日、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進する県SDGs協会(杉本薫会長)公認の「秋田SDGsアンバサダー」に就任した。

 秋田市の千秋公園にあるあきた文化産業施設「松下」で行われた就任式では、協会の杉本会長が「お互い協力し、県内に広くSDGsを推進していきたい」とあいさつし、3人に任命書を手渡した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 459 文字 / 残り 276 文字)

秋田の最新ニュース