県内新たに14人コロナ感染 秋田市の小学校でクラスター

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は29日、新たに10~50代の男女14人(うち1人は年代、性別、居住地非公表)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症者はいない。秋田市は市内の小学校でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。県内の累計感染者数は862人。

 市によると、クラスターが発生した小学校での感染者は、10代の男女児童3人、50代の男性教職員と年代、性別、居住地非公表の教職員で、26日に感染が確認された児童を含め計6人。県内で今月行った校外学習で感染が広がった可能性があるという。

 市は、小規模校であり児童や教職員の特定につながるとして、参加人数や学年、校外学習の内容を明らかにしていない。

 秋田市内のダンスイベントクラスターの関連では、新たに秋田大の20代女子学生2人の感染を確認。1人はイベント参加者で、クラスター感染者は計26人となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 655 文字 / 残り 281 文字)

秋田の最新ニュース