洋上風力促進区域、八峰・能代沖指定へ 年内にも事業者公募

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 洋上風力発電の「促進区域」への指定が有望となっている秋田県の「八峰町・能代市沖」について、地元自治体や漁業関係者らが意見を交わす法定協議会の第3回会合が開かれた。漁業や船舶航行などに支障を及ぼさないとして「促進区域の指定に異存はない」との意見を取りまとめた。国はこれを受け、指定に向けた手続きを進める。事業者の公募は年内にも始まる見通し。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 824 文字 / 残り 654 文字)

秋田の最新ニュース