アイデア公募、2年延期も 秋田市外旭川まちづくり構想

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の穂積志市長は29日、外旭川地区のまちづくり構想に関する民間事業者からのアイデア公募について、議員の理解が得られない場合、当初9月末としていた開始時期を2年延期する考えもあると明らかにした。まちづくりについて、市議から「具体的な形が見えない」といった厳しい意見が相次いでいた。延期するかどうかは9月定例会までに判断するとし、構想について「理解いただけるよう頑張っていきたい」と述べた。

 穂積市長は今春の市長選で、外旭川地区でのスーパーシティ(未来型都市)構想の実現を公約に掲げ、4選を果たした。老朽化した市卸売市場の建て替えに合わせて周辺を開発し、サッカーの新スタジアムを整備する方針。新たなまちづくりのアイデアは、ノウハウのある民間事業者から募るとしていた。

 だが、市長の描くまちづくりに議会で異論が相次いだ。その一つが、市卸売市場の位置付けだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1046 文字 / 残り 668 文字)

秋田の最新ニュース