「集団でのイベント控えて」 知事、若者のコロナ感染拡大受け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は30日、県内で10、20代の若者を中心に新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることに危機感を示し、「とにかく集団でのイベントや飲食を当面控えてもらいたい」と呼び掛けた。夏休みの時期を控えていることから、感染力の強い変異株「デルタ株」の確認が相次いでいる首都圏との往来についても「自粛を強くお願いする」と要請した。

 県独自の感染警戒レベルは現在、全県で「3(協力要請)」。今後の感染の広がり次第では、感染者の多い秋田市と、秋田市への通勤者が多い男鹿南秋地域を「4(要請)」に引き上げる可能性もあるとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 851 文字 / 残り 586 文字)

秋田の最新ニュース