三種町・3中学統合校の建設地 住民代表、協議スタート

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地域住民や保護者が統合中学校の所在地について協議した再編準備委員会
地域住民や保護者が統合中学校の所在地について協議した再編準備委員会

 秋田県三種町が計画する小中学校の統合について協議する「再編準備委員会」が29日夜、琴丘地域拠点センターで始まった。保護者や自治会代表ら約30人が、町内3中学校を統合した新中学校の建設地について意見を交わした。町はこの議論を踏まえ、来年1月中旬ごろに建設地や建設時期の方向性を決める予定。

 町は少子化や校舎の老朽化に対応し教育環境の充実を図るため、町内3中学校を1校に、6小学校を3校に統合する方針。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 821 文字 / 残り 621 文字)

秋田の最新ニュース