TDKのルーキー齋田、日本選手権へ 勝利への1本狙う

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 社会人野球の日本選手権(兵庫、大阪)初戦を4日に控えたTDK(秋田県にかほ市)の打線で、今季加入した齋田海斗外野手(22)=仙台育英高―東日本国際大出=がひときわ存在感を放っている。先月の東北予選で最高殊勲選手賞に選ばれる好打を見せ、6年ぶりの本大会出場の立役者となった。初めての大舞台に向け、ルーキーは「勝ちに導くワンプレーを出したい」と活躍を誓う。

打撃練習で鋭い打球を飛ばす齋田。日本選手権での活躍に意欲を燃やす=にかほ市のTDK野球部練習場


 鮮やかな一撃だった。宮城県石巻市民球場で先月7日に行われた七十七銀行(宮城)との東北予選決勝。1―1の九回裏、1死二塁の好機で回ってきた打席で、右翼席にサヨナラ本塁打を突き刺した。本大会出場を決める大仕事にも「究極は打率10割。まだ満足していない」と冷静に話す。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1580 文字 / 残り 1271 文字)

秋田の最新ニュース