小型ロケット開発へ前進 民間会社、能代で燃焼試験成功

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
実験棟の中にあるモーターに点火し、炎と白煙が外へ噴き出した燃焼試験
実験棟の中にあるモーターに点火し、炎と白煙が外へ噴き出した燃焼試験

 宇宙事業会社・スペースワン(東京)が今年度中の打ち上げを目指し開発を進めている小型ロケットの固体モーター燃焼試験が30日、秋田県能代市浅内の宇宙航空研究開発機構(JAXA)能代ロケット実験場で行われた。70秒間燃焼させた結果、モーターは正常に稼働し試験は成功した。

 スペースワンは、清水建設やキヤノン電子などが出資する民間会社。開発中の小型ロケットは全長約18メートル、直径約1・35メートル、重さ約23トンで、小型衛星を地球周回軌道まで運ぶ。JAXA開発の固体ロケット技術を民間で初めて応用した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 699 文字 / 残り 449 文字)

秋田の最新ニュース